2013年08月12日

靜雪,幽蘭賦


天竺有空穀,幽蘭生其中。清綽難自棄,雪暗香幾重?


曾幾何時,我躑躅夜半,攬月獨望,nu skin 如新碧海輕綃雲遮面,一渡萬水千山,一問春有幾番?知你他鄉何處,心遠路長,風雨俏立,更多春紅凋零。

一書鴻雁至,讀你芳心暗自來,輕解了離恨數重,化去幾多思量,還留一番愁滋味,化作秋水芳草,催我九轉回腸。

今夜文章寫盡,斜倚在高樓獨處,是否女兒更多情,nuskin 香港望一江落葉東去,相思留誰?筆尖花開有芬芳,筆端花謝惆悵,字字句句空斷腸。

輾轉江南思美好,夢裏總是倩影,夢外佳人難尋。又似去了陌上,nuskin產品看桃梨春生飛落英,你顧自低吟,拈得相思片片,紅箋書滿卻難寄。

花謝經年,知又南國春一夢,散盡了一地孤芳,緣分一場,不知你今身歸何處?只憶那玉人,憑欄凝眉暗愁。輕提羅裳,纖腰婉轉,碎步穿庭院深深,步步裙裾看花間蝶來翩翩。

又將獨上蘭舟,涉水而來,淚濕紅顏喜相逢。香港如新曾去燕子飛落處,雙宿簷下,呢喃聲聲,留我心頭幾時休?



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。